常滑の窯元> タタラ急須> 舜園2> 舜園3> 舜園4>
Shunen 1
逸品急須 舜園


現代常滑の工芸急須の最高峰 作者自身の手彫りで作られます
土造りから焼成まですべて舜園自身が行います

   全品サムネイル
ss-1 39000 280cc ss-2 42000 ss-3 45000 ss-4 45000
ss-5 45000 260cc ss-6 42000 ss-7 45000 ss-8 42000
ss-9 42000 ss-10 45000 ss-11 45000 ss-12 45000
ss-13 45000 ss-14 50000 280cc ss-15 39000 ss-16 120000



二代目舜園
間 野 昇 氏
 
 昭和25年6月25日生
初代舜園の跡を継ぎ茶器の製作をしている初代舜園は、東海道彫金剛山彫等彫刻急須で常滑の朱泥急須の趣味性を広げました。二代目舜園は、独自のセンスで初代とは違った新たな急須茶器の世界を構築しています