宜興茶壷1> 宜興茶壷2> 宜興茶壷3> 宜興茶壷4> 宜興茶壷5> 宜興茶壷6>
 一人用の小さな茶壷 4


   
一人用 高級茶を呑む小さな茶壺    
奇古堂の主人沈甫翰氏の提唱する工夫茶は自由なもの。
良質な茶葉と80ccの小さな茶壺を利用すれば難しい作法は不要。
茶を愉しむことが重要である。(銀花第百十号)
   80ccから100ccの小さい茶壷
 
MC-1 ¥2200 80cc     MC-2 ¥1800 100cc 
   
MC-3 ¥1500 80cc     MC-9 \3000 65cc
         
沈甫翰式工夫茶
茶壺と茶海に湯を入れて温める 湯を捨てる
茶葉約4g茶壺の底に一列に広がる程度(凍頂烏龍)沸騰した湯を注ぐ 茶壷からこぼれない程度 上から湯をかけない 蒸らし時間約1分茶を茶海に移す(洗茶はしない)
聞香杯に注ぎ分ける
茶杯に移し 香りを愉しむ 次に茶を呑む
-----「銀花」より
 

TOP 中国茶器目次